記事一覧

佐渡産の米粉「さどっ粉」で麺作り

先日、佐渡島にいって買ってきた、米粉パン用ミックス粉。

佐渡産のコシヒカリに小麦グルテンが配合されたものだそうです。

一応麺も作れるらしいので、ちょっと試してみましょうか。



とりあえず、粉100グラム、塩1グラム、かんすい1グラム、水40グラムでやったけれど、まとまる気配がないので、さらに水を10グラム足して、加水率50%にしてみる。

ラーメンというより、うどんのような加水率ですね。

それでもまあまあポロポロだけど、どうにかなるでしょう。


このままだとまとまってくれないので、小型のフリーザーバッグに突っ込み、掌底で押し広げる。

生地に粘りがなく、すぐ折れそうな感じだ。まだ水が少なかったかな。



袋をハサミで切って生地をとりだし、二つ折りにして製麺機に3回通し、少しずつ薄くしていく。

最初はボロボロだったけれど、なんとか麺帯っぽくなってきた。



ところでうちの小野式、ローラーが真鍮じゃないんだよね。

切刃は真鍮なんだけどさ。


ということで、さどっ粉100%の麺ができあがり。

見た目はふつうの低加水麺ですね。家系に合いそうだ。



とりあえず茹でて、めんつゆとナンプラーでいただいてみる。



さすが米粉だけあって、団子みたいにモチモチしていておもしろいぞ。
米の麺なので、フォー的なものを想像していたんだけど、全然違うものになったな。

うまいけど、粘りがあるので、そのままで汁なしだと食べずらいっすね。
なので水で洗ってみよう。



やっぱり汁無しなら、洗った方が食べやすいですね。
まあそれは小麦の麺でも一緒かな。


せっかくなので、米粉50グラム、強力粉50グラム、塩1グラム、かんすい1グラム、水50グラムも試してみる。

さっきと同じ加水率だけど、やっぱり小麦粉が入ると全然まとまりやすい。

まとまりやすいというか、油断するとくっつく感じ。



茹でると、ちゃんと麺。すごくちゃんとした麺。



洗ってしめると、米のモチモチ感と小麦粉の麺っぽさが合わさって、なかなかいい感じかも。

いっそカンスイなしでもいいような気もする。


なんか小麦粉の麺より、お腹に貯まるかんじがする。

今度は米粉100%で60%の加水率、あるいは無かんすい麺なんかを試してみようかな。

スープや味付けも遊べそうだ。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルTシャツはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク