記事一覧

タチウオラーメン

お正月のお休みにタチウオを釣ってきたので、タチウオのアラでラーメンを作ってみました。

ラーメンと釣りがセットで趣味だと、余すところがなくていいですね。



冬のタチウオはうまいですね。

身は刺身やらなんやらでいただいて、骨やらヒレやら尻尾やらを昆布と酒少々で煮込みます。

熱源は部屋を暖めている灯油ストーブ。

暖もとれて煮込みもできて最高!



麺は強力粉300グラムに対して水135グラム、塩とかん水が各グラム。

まあ私が作る普通の麺です。



重曹は炭酸ナトリウムですが、かんすいになると、炭酸カリウムの方が多いんですね。



製麺機は諸事情で最近やってきた、小野式2型の両刃というレアなやつ。

なかなかいい味だしています。田中式の大型と並べて展示したい逸品ですね。



で、タチウオラーメンの味ですが、使い回しの醤油ダレ(醤油とみりんと豚エキス)を加えて、塩、胡椒を振っただけですが、臭みもなく、タチウオの旨味がでていてうまかったです。

新鮮なタチウオなので臭みはゼロ。

豚骨も鶏ガラもカツオ節も入れていないですけれど、ちゃんとラーメンの味がします。



でも冷蔵庫にあった適当な野菜や魚肉ソーセージを入れたら、もっとうまくなったりして。



やっぱりタチウオ単体よりも、鶏ガラあたりと合わせたらいいかもね。

単体で使うなら、オジヤとかのほうがいいかなー。


スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

お買い物はこちらから

スポンサードリンク