記事一覧

ラーメンワークショップ in 谷中

製麺機を使ってラーメンやらウドンやらをみんなでつくる集まりを、今後は「ワークショップ」と呼ぶことにします。

ということで、世界規模でおこなっている某案件で、タダ働きしていただいた友人への感謝のしるしとして、さっそくのラーメンワークショップ開催です。3月のお彼岸のことでございます。

そういえば、栃木だか福島だかの国道4号線沿いにあった、ラーメンショップという店が好きでした。

で、今回はおいしくできたので、自分用のメモとして、しっかりとレシピを残しておくことにします。


■生地
中力粉1キロ
強力粉1キロ
片栗粉250グラム
塩20グラム
重曹20グラム
水1リットル



粉を袋単位で使い切れる、覚えやすい分量にしてみました。



一度に作れる限界ですね。水回しが厳しくてダマができたぜ。


適当にまとめたら、400グラムずつ分ける。



真空パックして、軽くフミフミして冷蔵庫で2日寝かせる。


■鶏ガラ豚骨スープ
豚げんこつ(一度茹でてアク抜きをする)4パック
鶏ガラ4羽
ネギ2本
干し椎茸3つ
昆布2切れ
酒、ショウガ、ニンニク、ローリエなど適量
水5リットルくらい


水は適時追加して、しゃもじでつぶしながら煮込む。



鶏ガラが砕け散るくらい煮る。


■和風スープ(ただのダシ)
昆布、ニボシを一晩水につけてから、沸騰させてミックス節をたっぷりと入れて、15分煮る。



■煮豚(醤油ダレ)
ネットに入れた豚ばら肉を、酒、砂糖、水で煮る(ストーブ使用)。
煮汁と脂は鳥ガラ豚骨スープに入れる。
酒、醤油を200ccずつ煮立てて、豚バラを入れる。煮込まない。




はい、ここまでが自宅作業です。
都合丸2日くらい掛かります。


で、もろもろ持って、車で谷中の友人宅へと移動。



なかなかの大人数ですね。



人間椅子の鈴木さんっぽいけれど、落語家の方。



もえもえきゅんきゅん。



小野式製麺機弐号がよく似合う家でした。


かっちょいい。


今回は2種類のスープを好きに混ぜていただき、それをお好きに味付けしていただく方式。
私は自分で完成度の高いラーメンを作ることよりも、人に好き勝手に作らせて楽しむタイプ。



調理台(こたつ)にセッティングされたスープと調味料。
ガスコンロの小鍋で各自作っていく。



調味料は、味噌、醤油ダレ、塩をベースに、
ゴマ、昆布茶、ショウガ、ニンニク、揚げニンニク、胡椒、鰹節粉、花椒、七味など。

具は、茹でモヤシ、茹でキャベツ、ネギ、ノリ、茹で玉子



家で作ってきたんだけど、半熟すぎて崩壊していた。


用意してきた生地から、お好みの太さの麺を作っていただく。



子供でももちろん参加できます。

生麺なのですぐ茹るので、スープを用意してから麺を茹でるのがポイントですかね。



これは私がサンプルに作った、塩醤油味噌ラーメン。

ちょっと麺がラーメンというよりウドンっぽかったので、こっそりと茹でるお湯に重曹を入れさせていただいた。


写真だけ見ても、誰が何を作ったのかよくわからないけれど、たぶんオッケー。

たぶん今までで一番完成度の高いラーメンになったと思う。
もしまずかったら、それは味付けと麺づくりの問題だ。
ワタシワルクナイ。


全員が一通り作ったところで、ここでバイタミックスを使ったスープをこの場で作る。

来る途中に購入した鶏の手羽元(鶏ガラが売っていなかった)と干し椎茸を水と一緒にガガガガガ。



ギュオーン。


沸騰してから15分ほど煮込んだら完成。


干し椎茸がバイタミックスの中で浮いてしまって、粉砕されていなかった。
入れる順番は、干し椎茸、手羽元にしないとダメですね。



これで作った塩ラーメンがまた絶品。

この技を使えば、わざわざ鶏ガラとか豚骨を煮込む必要はないなと、今更ながら思った。
和風ダシとこのスープだけなら、前日からの仕込みでできるので、もっと気軽にワークショップができそうだ。

次回のワークショップも都内某所で計画されているのだが、しばらくは知り合い限定で細々とやります。

チェケラッチョ。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

1. 無題

今回も旨そうなラーメンですね

ラーメンて外食のイメージだったんですが
このブログ見てて家で作れるんだって認識に変わって来ました

思いつきですが魚そうめんの麺を使って

でっかい鯛を一つテンヤで釣って麺もスープも全部鯛ラーメンを作って

そいつを出前したら
一つテンヤたい(博多弁風にテンヤ物って事で)


そんな記事読んでみたい(笑)

2. 無題

そろそろバイタミックス買わなきゃダメですねΨ(`▽´)Ψウケケケケケ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルTシャツはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク