記事一覧

うどんを粉から出前してみる

なんか最近天気がめちゃくちゃですが、そのあおりで釣りが中止になりまして、ヒマになったので一緒に釣りに行くはずだった人の家に、製麺機を担いで「うどんの出前」へといきまっせと連絡したわけですよ。




「え、うどんって、こねるところからなの!」


はい。夕方にやってきて、それから粉を練りだしても、夕飯に間に合うのが、うどんでござんす。

急だったので、用意したのは粉とめんつゆのみ。

いつもは生地とかスープを用意してラーメンの出前をしているんだけど、一度粉から出前というのをやってみたかったので。

基本的に私は口を出すだけで、作るのは皆様方。

段取りさえちょっと教えれば、けっこう誰でもそれなりにできるのが、うどん作り。

ただ、ちっちゃい子供にやらせる場合、歯車のところに指を挟んだりする危険がありますね。ちょっとハラハラした。












強力粉1キロ、水450グラム、塩30グラム。

うどん用の中力粉がなかったので、強力粉でもまあいいかなと思ったんだけれど、子供に食べさせるにはコシが強すぎたかな。

コシが強いというよりも、硬いという感じか。

大人が食べるのにも、硬すぎてうまくすすれなくて、よく噛んで食べるという感じ。

まあこの辺は好みもあるけど、冷やで食べるなら、やっぱり中力粉でいいかな。

煮るとまた違うんだろうけど。





うどん作りは基本的に失敗しないので、材料費500円くらいで楽しめるお手軽なイベントとして、いいんじゃないかな。


「製麺機、ほしくなったでしょ?」

って10回くらい聞いてみたけど、その必要はないとのこと。

まあ、そうなんですがね。


用意してもらったお寿司とか天ぷらとか鶏モツがおいしかったです。

そして粉1キロは多すぎた。





スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■趣味の製麺 第6号
■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルTシャツはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク