記事一覧

田中式製麺機

それは珍しく関東平野にも雪が降った日の事だった。

ピンポーン

玄関のチャイムがなったので出てみると、そこにいたのは、くたびれた姿の見慣れない製麺機だった。



「すみません、旅の途中なのですが、よろしければ一晩泊めていただけないでしょうか。」

「どうぞどうぞ、おあがりください。さぞ寒かったでしょう。」

私はその製麺機を家に招き入れることにした。

我が家に住む3人の小野式製麺機とは、だいぶ姿が違うようである。



「申し遅れました、私は田中式製麺機と申します。」

「田中さんですか。その(ウ)のマークは?」

「残念ながら私には記憶も説明書もなく、なにもわからないのですが、人からは『ウドンのウ』ではないか、なんていわれております。」


何事かと部屋の奥から、小野式製麺機がやってきた。

「…あんた、でかいな!」



なるほど、比べてみると小野式製麺機1号型両刃型の製麺機に比べると、この田中式製麺機は一回り大きい。ヘビー級だ。

これが田中式では標準サイズなのか、あるいは小野式でいうところの、2号型、あるいは3号型の大型種なのだろうか。



「なにはともあれ、さぞやお疲れでしょう。さあさあ、このシャリバナーレで体をお拭きなさい。」



その田中式製麺機は、ちょっと変わったギアの形をしていた。

ハの字に噛みあうギアなんて初めてみた。





「さあ、仕上げはこれだ。あなたは製麺機なんだから、最後はこの生地で製麺をして汚れを取りましょう。」

「え、いいんですか!ああ、懐かしい。これは強力粉100%ですね。」

「さすがは田中さんだ。汚れても生粋の製麺機ですね。」





「田中さん、なかなかの切れ味じゃないか。まだまだ現役だね!」

「いや、わたしなんてもう鉄くずですよ。」

「馬鹿いうんじゃない。よかったら、うちで暮らすかい?いい生活はできないかもしれないけれど。」

「え、いいんですか!」

こうして、我が家にもう一台の製麺機がやってきたのであった。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

1. 無題

製麺機マニアになってますね(; ̄ェ ̄)

2. Re:無題

>naoさん

マニアへの道は遠いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■趣味の製麺 第6号
■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルグッズはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク