記事一覧

つけ麺の出前@デイリーポータルZラジオ

デイリーポータルZというサイトのネットラジオのコーナーから、出前の注文が入った。

製麺機の自慢をしたかったところなので、出前をするのはいいのだが、困ったのは出前先で火が使えないということ。

我が家から出前先まで1時間半くらい掛かるので、ラーメンを作ってもっていっても、麺が伸びるのは避けられない。

いろいろと悩んだ結果、伸びにくい麺を使ったつけ麺にしてみることにした。

エゾシカラーメンのときに作った片栗粉入り強力粉の極太麺を茹でて、冷水で締めた後に、前日に用意したネギ油を絡める。これでくっついたり、ブヨブヨになったりはしないはず。


ネギとニボシをサラダ油で煮込んで冷ましたネギ油。



冷水で締めた極太麺にネギ油を絡める。


スープは先週作った豚骨醤油と、濃い目に作ったシカ味噌スープ。

ネギ、海苔、鰹節粉、胡椒、ニンニク、ショウガなどもオプションで。

もろもろ持って出前スタート。

製麺機も持っていこうかと思ったけれど、さすがに重いのでやめた。



ラジオの内容は、製麺機についてバカ丸出しで語るという感じだっただろうか。よく覚えていないけど。

ズルズルとつけ麺を食べながらの進行。

ちなみに今回のつけ麺は、

「プロレス団体のちゃんこ番をしている若手レスラーが製麺機を買って作った、体作りのための濃厚つけ麺」

というテーマがある。

ラーメンにはテーマが大事だ。



麺はやっぱり伸びてコシは抜けてしまっていたが、食べられない程ではないかな。

「え、これはうどんじゃないんですか?」と言われるほどの太麺。出前用なら、もっと片栗粉を増やしてもいいかもしれない。

スープは電子レンジで温めてもらったのだが、やはりアツアツとはいかず、出前の難しさを知る。




シカつけ麺は、ある意味シャレで持っていったのだが、こっちの方が好評だった。

今後も出前は、面白そうだったり、必然性があったり、お世話になっていたり、なんらかの弱みを握られていたりする場合、したりしなかったりすると思う。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■趣味の製麺 第6号
■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルグッズはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク