記事一覧

コッテリ豚骨醤油ラーメン&つけ麺

ちょっと車で遠出した帰りに寄ったスーパーに、豚骨が100グラム20円で売っていたので、憧れの豚骨ラーメンを作ってみることにした。

高いんだか安いんだかちっともわからないが、鶏ガラが68円だったので、安いんだと思う。

豚骨は近所のスーパーだとたまにちょっと売っているくらいなので、今までは鶏ガラがメインだったのだが、これで豚骨ラーメンがいつでも作れる。まあうまければだけど。



よく洗った豚骨をトンカチで殴って折り(ひどい話だ)、水から煮ると大量のアクが出てきたので、一度全部お湯を捨てて、再度豚骨を洗う。

鰹節でいったら一番ダシを捨てるようなものなので、もったいないような気もするが、臭いのよ。



圧力鍋に、豚骨、ネギ、昆布を入れて煮込み、ある程度までアクをとったら、蓋をして加圧。

加圧式ダイエットならぬ、加圧式ダシゲット。

豚骨の味を覚えたいので、極力シンプルな構成にしてみた。



加圧して、冷まして、混ぜて、加圧して、冷まして、混ぜて、なんていうのを繰り返していると、骨以外が全部溶けた。写真のネギは具用に刻んだもののあまりを追加したもの。



ちなみに冷えると、脂分がえらいことになる。これは飲み物なのだろうか。



醤油ダレは、醤油2、酒1、みりん1、昆布、ミックス節、おろししょうが、おろしにんにくを煮たたせたもの。

面倒なのでチャーシューは作っていない。



生地は中力粉500グラム、水220グラム、重曹5グラム、塩5グラム。好きなアニメはダグラム。

ラーメンだけど、なぜかうどん用の粉。
かん水が切れたので、重曹を使用。

このくらいの水分量が、一番作りやすいかな。








生地を丸めて一日寝かせてから、ラーメン作り開始。



豚骨ラーメンということで、博多風の細麺をイメージして作ってみたのだが、スープがちっとも白濁してくれなかったので、こってり豚骨醤油ラーメンになってしまった。
わざわざ用意した紅ショウガが空しい。

油断するとすぐ表面で脂が固まりだすほどの濃厚さだが、かなり好みの味。
イメージしたものと違うものが出来上がって、好みの味っていうのもどうかと思うが。

ただ細い麺は、前回くらい水分が少なくないと、キシュキシュした博多風にはならないようだ。
ちょっと茹ですぎてしまった。





替え玉は中太麺にしてみたのだが、この生地とスープなら、これくらいがベストのような気がする。
しかし、チャーシューが乗っていないのが寂しい。
やっぱり面倒がらずに作ればよかった。




来週の火曜日、出前の注文が入ったので、テストとしてつけ麺を作ってみた。

太麺にして、水で締めて、サラダ油をまぶした麺。
つけダレは、醤油ダレを濃い目にスープで割って、いりこダシを加えたもの。


今日作った中で、これが一番うまかったかも。
これなら伸びてもそれほど味が変わらなそうだし、どうにか出前可能かな。
小野式製麺機との相性は、こういう太目のつけ麺が一番いいのかもしれない。

素人が作った豚骨ラーメン、臭くなるかなと思ったけれど、全然臭みがなかった。
アク抜きの手間があるけれど、イメージよりは使いやすい。

ただ、製麺機を回せば回すほど、太るなと思った。

ラーメン、つけ麺、ぼく製麺。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

1. 無題

ああ!出前頼みたい…
主に晩飯作りが面倒な時と、荒天で外に出たくない時ですが。

2. Re:無題

>naoさん

出前は100万円!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■趣味の製麺 第6号
■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルグッズはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク