記事一覧

重曹を使ったお手軽ラーメン

ラーメンの麺を作るには、生地にかん水という独特のものを入れる必要がある。これが生地の色と、独特のコシを出す、らしいのである。

ただ、かん水は一般に売られているものではないので(富沢商店とかで売っているけど)、家庭内製麺では重曹を代わりに使うことが多い。

で、この重曹を入れたお湯でスパゲティを茹でると、まるでラーメンの麺のようになるという。

ならば手回しうどんを重曹入りのお湯で茹でても、ラーメンっぽくなるんじゃないかなというのが今回の実験。



使ったのは強力粉と塩と水のみで回した、うどん用の生地である。
これを重曹入りのお湯で茹でる。
さすが重曹=炭酸だけあって、泡が立つね。



スープはごくあっさりと、鶏がらとネギだけでとってみた。鶏がらは砕け散る寸前で取り出した、澄んだタイプ。



茹で上がった麺は、ちょっと黄色くて、なるほどちょっとラーメンっぽい感じがする。
太麺にしてしまったので、うどんとの違いがわかりくいが。



鶏がらスープに、塩、しょうゆ、鰹節粉、昆布茶を加えた、ごくシンプルな味付けで勝負してみた。
具は岩のりのみ。


食べてみると、鶏がらベースのさっぱりとしたスープに岩のりという組み合わせはいいのだが、いかんせんスープの味が薄っぺらい。10年前ならこれでもよかったのかもしれないが、こってりスープに慣れた舌には物足りない。

鶏がらをベースにする場合は、しっかりと白濁させて味を絞り出すか、昆布、鰹節、ニボシ、貝柱などの海鮮系をたっぷりと加えないと厳しいかな。

重曹で茹でた麺は、わりとちゃんとラーメンっぽくなってくれた。まあウドンとラーメンの中間くらいかな。
もっと細麺にして、縮れを入れれば、よりラーメンっぽくなりそうだ。


スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■趣味の製麺 第6号
■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルグッズはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク