記事一覧

夕飯に豚汁うどん

せっかくブログも立ち上げたことだし、昨日作った豚汁が余っていることだし、ご飯を炊くのを忘れたし、ということで、夕飯にちょっと製麺機を回して、うどんを作ってみることにした。

悪い意味での男の趣味から、日常の一コマに進出だ。

日常ということで、使ったのは普通の日清カメリヤ強力粉。

カメリアではなく、カメリヤ。

どうみてもパン用だが、まあいい。



強力粉300グラム、塩12グラム、水140グラム。

最初の段階でダマを小さく、力を入れずに朝シャン気分でかき混ぜて、ポロポロした状態にする。
粉に水をまんべんなく行き渡らせるのが大切だとかなんとか。



もう夕飯の時間なので、生地をほとんど寝かせず、すぐに製麺機へ。

ローラー作業が楽しくで、薄めにしたら、どん兵衛みたいな麺になった。


打ち粉をせずに、そのまますぐ茹でる。

冷水(という名の水道水)で洗って食べてみると、どん兵衛の生麺版みたいな味だった。

近頃のインスタントやカップのうどんは、どんどん生麺へと近づいているが、寝かせずに作った睡眠不足の薄いうどんは、インスタントに近づいていくようだ。

超進化したインスタントうどん風で、これはこれでうまいのだが。



豚汁に麺つゆを足していただいた。
やっぱりどん兵衛っぽい。
今調べたら、どん兵衛に、「豚汁うどん」というのがあった。


食後のデザートに、残っていた生地を、さっきよりちょっと厚めのうどんにしたら、食べている間に生地が寝かされたこともあり、コシが段違いだった。

ええと、冷凍うどんくらいかな。
いや、もうちょっとうまいと思いたい。



ご飯を炊くよりは面倒だけれど、これくらいの量ならすぐ作れるな。
一度しまうと出すのが面倒なので、製麺機はしばらく出しっぱなしにすることにした。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルTシャツはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク