記事一覧

年越しそばを打つ

2013年の大晦日に、年越しそばを製麺機で売ってみることにした。

打つというか、回すというか。



そば粉に2割程度の強力粉を加えて、適当な水加減で生地を作る。

実は(というほどでもないが)一台目の製麺機を購入した年の年末にも年越しそばに挑戦してみたのだが、そのときは細長いそばがきみたいなものしかできなかったのだが、今年は成功。

これぞ今までの積み重ねである。

コツは、打ち粉をちゃんと使うこと。打ち粉って大切ですね。

伸ばす前、切る前、切った後にしっかりと打ち粉を打てば、誰でもそばが打てるみたい。

打てるというか、回すだけど。

そばを回す。なんだそれ。



まずはさらさらっとかけそばで。

茹でたそばを水でしっかりと洗い、温め直して自家製のダシでいただく。

腰が強くて、自分で作ったとは思えないうまさ。

茹でるときに切れちゃうかなと思ったけれど、そうでもなかった。



段取りがむちゃくちゃだが、このタイミングで天麩羅をあげて、二杯目は天麩羅そばで。

揚げたての天麩羅と、回したての蕎麦の組み合わせ、大晦日でなくても、またやりたい組み合わせだ。




やっぱり製麺機を買ってよかった。

せっかく大掃除をした台所が、粉と油にまみれてしまったが。

あー。

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメント

1. 美味そう!!

ほほ~、以外と蕎麦ですね。美味しそう!(^^)!
しかし全体の時間からすると、製麺機を使う時間は少なそうですね(^_^;)

2. 無題

製麺機で蕎麦打てるんですね

食べてみたいです

是非関西でもイベントやって下さい

3. イヤァオ

そのうち製麺マンが参上します。

4. Re:無題

>酔渓さん

ヒガシマル醤油がスポンサーならいきます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

標本製麺

Author:標本製麺
製麺同人誌の作成と、製麺ワークショップ&出前が趣味です。

■家庭用製麺機 USER GUIDE
■趣味の製麺 第5号
■趣味の製麺 第4号
■趣味の製麺 第3号
■趣味の製麺 第2号
■趣味の製麺 第1号
という同人誌を作りました!

購入先一覧

オリジナルTシャツはこちら。

連絡は「seimenアットマークhyouhon.com」まで。

お買い物はこちらから

スポンサードリンク